fc2ブログ

【水野】姓の発祥地・由来

尾張国山田荘水野(現愛知県瀬戸市)

清和源氏の小河重房の子・重清が、山田荘水野を領して水野氏を呼称。源頼朝に仕えた。
末裔は中部地方に勢力を広げ、戦国期の水野忠政の娘・於大は松平広忠に嫁ぎ、家康の実母となる。武門の名家。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


【別所】姓の発祥地・由来

播磨国印南郡別所(現兵庫県姫路市別所町)

村上源氏・赤松則村の弟・円光の子・敦光が、印南郡別所を領して別所氏を呼称。南北朝期のはなし。
末裔は三木城主となるも、羽柴(豊臣)秀吉に攻められ落城する。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


【藤島】姓の発祥地・由来

越前国足羽郡藤島荘(現福井県福井市藤島町)

藤原姓利仁流で斉藤氏族の河合実信の子・助近が足羽郡藤島荘を領して藤島氏を呼称。平安時代末期のこと。
源平合戦では平氏側につく。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


【中居】姓の発祥地・由来

常陸国鹿島郡中居(現茨城県鉾田市中居)

桓武平氏大掾氏流の鹿島政幹の子・時幹が鹿島郡中居を領して中居氏を呼称。鎌倉時代のこと。
中居城の城主で、現在も城址はわずかに残っている。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


【常盤】姓の発祥地・由来

常陸国茨城郡常盤(現茨城県水戸市常盤町)

桓武平氏大掾流の石川国幹が、茨城郡常盤を領して常盤氏を呼称。平安時代のこと。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示

【常葉-ときわ】姓の発祥地・由来

相模国鎌倉郡鎌倉郷内常葉村(現神奈川県鎌倉市常盤)

桓武平氏の極楽寺重時の子・時茂が、鎌倉郡常葉(ときわ)に居住して常葉氏を呼称。鎌倉時代のこと。
一族は鎌倉時代中には代々、六波羅探題に任ぜられた。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


【松田】姓の発祥地・由来

相模国足柄郡松田荘(現神奈川県松田町)

藤原姓秀郷流の波多野有常が、足柄郡松田荘を領していて源頼朝に所領を安堵されたために松田氏を呼称。平安時代末期のこと。
末裔は、戦国期に小田原北条氏の家臣として繁栄した。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


【戸張】姓の発祥地・由来

下総国相馬郡戸張(現千葉県柏市戸張)

桓武平氏千葉氏流の相馬師常の子・行常が、相馬郡戸張を領して戸張氏を呼称。鎌倉時代のこと。
戦国期は小田原北条氏に属すも、豊臣秀吉によって小田原落城し帰農する。
しかし、徳川家康によって幕臣となり武家として復帰を果たす。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


【国井】姓の発祥地・由来

常陸国那珂郡国井保(現茨城県水戸市上・下国井町)

清和源氏の源義政が、那珂郡国井保を領して国井氏を呼称。平安時代のこと。
国井義政は、前九年合戦に参戦している。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示

【新見】姓の発祥地・由来

備中国哲多郡新見荘(現岡山県新見市)

新見荘から発祥した名族。平安時代末期から土着していた豪族。戦国期は尼子氏に従う。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示

行政書士 丸山学

maruyama.jpg  書籍/先祖を千年、遡る  書籍/家系図を作って先祖を1000年たどる技術  書籍/自分でできる家系図

◆家系図作成・先祖探しサービス
『1000年たどる家系図の作り方』

当事務所では、貴家のご先祖様を調査の上、家系図にお仕立てするというサービスを提供しております。

◆先祖調査の無料メールマガジン
『自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術』
月に2回程度、私(丸山学)が実際に行っているご先祖調査の模様やノウハウを書いて発行しています。


ツイッター




検索フォーム
プロフィール

名字の日本地図

Author:名字の日本地図
行政書士 丸山学

家系図作成に積極的に取り組み、現在は、年間50件以上の先祖探しを受託するほか、自分の先祖を900年分たどるなど、家系図作成業務に特に力を入れている。

主な著書に「先祖を千年、遡る」(幻冬舎新書)、「家系図を作って先祖を1000年たどる技術」(同文館出版)など。

リンク
最新記事
QRコード
QR