【長沼】姓の発祥地・由来

1【長沼】姓の発祥地・由来
上野国那波郡長沼(現群馬県伊勢崎市長沼町)

藤原姓秀郷流の淵名兼行の子・孝綱が、那波郡長沼を領して長沼氏を呼称。平安時代後期のこと。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


2【長沼】姓の発祥地・由来
下野国芳賀郡長沼荘(現栃木県真岡市長沼)

藤原姓秀郷流の小山政光(小山氏始祖)の二男・宗政が、芳賀郡長沼荘を領して長沼氏を呼称。平安時代末期のこと。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示



【長野】姓の発祥地・由来

伊勢国安濃郡長野(現三重県津市美里町北長野)

藤原南家で、曽我兄弟に殺された工藤祐経の子・祐長が安濃郡長野地頭職に任じられる。さらに、その子・祐政が長野に居住して長野氏を呼称する。鎌倉時代のこと。
足利将軍家に仕え、戦国時代には織田家から当主を迎え長野氏は織田信長に従うようになる。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


【中居】姓の発祥地・由来

常陸国鹿島郡中居(現茨城県鉾田市中居)

桓武平氏大掾氏流の鹿島政幹の子・時幹が鹿島郡中居を領して中居氏を呼称。鎌倉時代のこと。
中居城の城主で、現在も城址はわずかに残っている。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


【那須】姓の発祥地・由来

下野国那須郡(現栃木県大田原市など)

藤原北家の藤原貞信が、下野国那須郡を領して那須氏を呼称。平安時代のこと。
一族のうち、源平合戦の屋島の戦いで那須与一が扇の的を見事に射抜いたのはあまりに有名な話。
末裔は、戦国末期の豊臣秀吉の小田原攻めに参加せずに(できずに?)所領の大半を没収されて衰退。武家もこの頃には源平時代と異なり弓の技術だけでは世渡りできなくなっていた。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


【永田】姓の発祥地・由来

近江国高島郡永田(現滋賀県高島市永田)

宇多源氏佐々木氏流の高島胤信が、高島郡永田を領して永田氏を呼称。鎌倉時代のこと。
末裔は室町幕府の幕臣となった。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


【行方】姓の発祥地・由来

常陸国行方郡行方郷(現茨城県行方市麻生)

桓武平氏大掾氏流の吉田忠幹が、行方郡行方郷を本拠地として行方氏を呼称した。平安時代末期のこと。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


【南部】姓の発祥地・由来

甲斐国巨摩郡南部郷(現山梨県南部町)

清和源氏武田氏流の小笠原遠光・三男の源光行が南部郷を領して「南部」を名字として呼称。 南部氏はその後、源頼朝の奥州征伐で功を挙げて東北地方に勢力を広げ、大豪族・大名となっていく。


より大きな地図で 名字(苗字)の日本地図~あなたのルーツが見えてくる! を表示


行政書士 丸山学

maruyama.jpg  書籍/先祖を千年、遡る  書籍/家系図を作って先祖を1000年たどる技術  書籍/自分でできる家系図

◆家系図作成・先祖探しサービス
『1000年たどる家系図の作り方』

当事務所では、貴家のご先祖様を調査の上、家系図にお仕立てするというサービスを提供しております。

◆先祖調査の無料メールマガジン
『自分のルーツ(祖先)を1000年たどる技術』
月に2回程度、私(丸山学)が実際に行っているご先祖調査の模様やノウハウを書いて発行しています。


ツイッター




検索フォーム
プロフィール

名字の日本地図

Author:名字の日本地図
行政書士 丸山学

家系図作成に積極的に取り組み、現在は、年間50件以上の先祖探しを受託するほか、自分の先祖を900年分たどるなど、家系図作成業務に特に力を入れている。

主な著書に「先祖を千年、遡る」(幻冬舎新書)、「家系図を作って先祖を1000年たどる技術」(同文館出版)など。

リンク
最新記事
QRコード
QR